鈴木先生「鈴木先生」は、自称文芸漫画家である武富健治氏が描く、青年漫画です。

「漫画アクション」で2005年から2011年まで不定期連載を続け、単行本は全11巻が刊行されています。

2007年には、文化庁と国立美術館が共同で主催する文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞しており、その関心の高さがうかがえます。

ドラマ化、映画化もされ、大ヒットを飛ばす「鈴木先生」。

一筋縄ではいかない思春期特有の中学生事情に、全力で取り組む教師の姿を描いています。
その教師としての在り方は絶賛される一方、疑問を持たれる意見も。

増加傾向にある「ネットいじめ」

実際の小中高でも「ネットいじめ」などが増加傾向にあり、生徒だけではなく、教師もストレスによる精神的負担は深刻だと思います。

参考情報:
ネットいじめ「中学校」「公立」目立つ 文部科学省調査【インターネット業界ウォッチ】

出典画像:
鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

人間味あふれる描写

こちらの作品は漫画とは思えないほど人間味あふれる描写が多く、登場人物の微細な心の動きを細かに捉えていることから、キャラクターそれぞれの心の内がありありと現れています。

現実世界のリアルさと、漫画のシュールさを併せ持った独特の作品と言えるでしょう。

また、次々と起こる事件の内容とその解決への説得力が素晴らしいです。

作者の情熱と思想がビシバシと感じられます。

漫画というよりは、作者本人も言うように、文芸のような面白さも含んでいます。

じっくりと読める濃い内容となっています。

主要キャラクター

登場人物と、主要キャラクターを紹介しましょう。

この作品の主人公、鈴木先生は、メガネとループタイが印象的な2-Aの担当教諭。

高い問題処理能力と共に、独自の教育論のもと、中学校内で起こる様々な事件を誠実に、真剣に解決へと導いていきます。

他の先生や、生徒からの信頼も厚く、人気も高いようです。

担当クラスの小川という少女に少々危ない妄想をぶつけるなど、やや歪んだ考えも持っているが、のちに元OLの恋人、麻美と結婚することになります。

小川蘇美は、2-Aに在籍する顔立ちの整った美少女。

男子生徒からの人気が高く、主人公からも好意を持たれています。

俗に言う優等生で、やや大人びたところがあり、同調を嫌う傾向にあったが、作品が進むにつれ、徐々にクラスにも打ち解け始めます。

秦麻美は、主人公の恋人、のちに妻としてサポート役に徹するおしとやかな女性。

主人公の癒しとなり、心のよりどころとなっています。

このキャラクターたちの他にも、中学校内の先生、生徒、そして保護者などが登場し、主人公の教師生活にトラブルを巻き起こしながら作品が展開されていきます。

今まで教師漫画は大体が後腐れなくキレイに着地する性質を持っていましたが、こちらの作品は若干のわだかまりを残しながら解決していくというリアルな着地をしています。